twitter

きっかけとなったのは「ツイッター」です。

主に趣味に関するつぶやき用に使っていたのですが、同じ趣味を好む方々をフォローしたりフォローされたりで、いつの間にかお友達が増えていました。その中でとある男性に出会ったんです。

Twitterで趣味の合った彼と話し始める

同じ趣味の界隈で人気を集めていたツイートがあったのですが、そこにリプライを送っていたのが彼でした。

私とピッタリ同じ意見だったので気になってプロフィールを見てみたところ、ほかの趣味もかなり一致しています。

これは面白い人を見つけた!とフォローしてみたのが始まりでした。すぐにフォローも返ってきて、リプライも始まりました。とにかくすごく趣味が合うんです。

年齢も私は32歳で彼は34歳。世代的に同じですからジェネレーションギャップもありません。二人とも写真をアップするのが好きなのですぐにイイネを送っていました。

趣味界隈はみんなどこかで繋がっていることが多いのですが、私が長くやり取りをしている男性とリアルでとても仲が良いというのも知りました。

そして、その人から「ツイッターだとおちゃらけキャラだけど、実はすごく優しくて穏やかなんだ」と聞いてそこから意識するようになりました。

それからはツイッターだけではなくスカイプを交換して、そこから毎晩のように趣味について語りました。このスカイプのやり取りから一気に関係が深まっていきましたね。

趣味のイベントへ一緒に行くことに

会うきっかけになったのは、趣味に関するイベントです。私は友人と一緒に参加する予定だったのですが、一週間ほど前にキャンセルされてしまったんです。

チケットは急なキャンセルなのでちゃんと料金を支払ってくれたのですが、一緒に行けないとなると一枚無駄になってしまいます。

そこでイベントの話を話題にしてみたところ、彼も行きたいと言ってくれたので事情を話して一緒に行くことになったんです。

もちろん、彼に会ってみたいという気持ちもありました。最初は一瞬黙ってしまったのですが、すごく勇気を振り絞るように答えてくれましたので正直手応えはありました。

きっとこの人も私を好意的に見てくれているだろうという確信があったんです。

待ち合わせはイベント会場の最寄り駅にしました。本当はもっと近場で待ち合わせもできたのですが、もしうまく話せなかったら移動中も気まずいです。でも、最寄り駅から会場に入ってしまえば後はイベントだけなのでそれなら何とかなりますよね。

それから一週間はイベントの予習をしたり、もちろん美容室に行ったり新しいワンピースを購入してみたり。30代だからこそ若い子とは違ってより身だしなみに気をつけなければならないと考えてしっかり準備しましたよ。

コミュ障な彼と初対面!お互いの気持ちが近づき…

twitter02

当日イベント会場の最寄り駅で初めて会ったわけなのですが、彼ははっきり言ってすごく細身でどちらかというとひょろひょろとした感じ。

髪も伸ばしっぱなしだしTシャツも糸が出てるし…そういうところにすごく無頓着なんだなぁと思いました。でも、彫りの深い顔立ちで鼻もすごく高いし、余計にもったいないなとちょっとモヤモヤしてしまったものです。

そして、なんといってもいわゆるコミュ障!私も彼を意識していたのですごく緊張してうまく喋れなかったのですが、彼も同じだったみたいです。いつもスカイプで話しているみたいにできなくてちょっとショックでした。

でも、考えていた通りイベント会場に入ってしまうと空気が一変しました。やはりお互い好きなことに関するイベントですから自然にテンションも上がってしまいます。すると自然に口数も増えていくもので、やっぱりいつもの彼だ!とちょっと安心してしまいました。

そしてイベントを思い切り楽しんだわけなのですが、想像以上に居心地は良かったです。こっちは張り切っておしゃれをしたのに向こうはボロボロTシャツ…とかそういう点は気になりましたが、単純に女性に慣れていないピュアな男性なんだなというのがわかりました。

イベント終了後なのですが、お互い感想も言いたくて居酒屋で飲んで帰ることにしたんです。たたっぷり飲んでイベントの感想を話し合っていたら終電を逃してしまい、私から誘ってラブホテルに行きました。

30代になると、男女で飲んだからといってすぐそういう関係になるとは限りません。でも、お互いすごく意識していたのは事実です。

そして、イベントを終えて気持ちが更に近付いたのも事実。そして、何よりお酒も入って人肌恋しく、甘えたくなってしまったんです。彼はとにかく奥手に見えましたからそれで自分で誘ったわけです。

彼も恥ずかしそうにはしてたもののもちろんOK。駅前の居酒屋で飲んでいたので、スマートフォンで検索してみると駅裏にいくつかラブホテルがあったのでそこに入りました。聞いてみると、一人の女性としか経験が無いしすぐに別れてしまったから童貞みたいなものだと。

後から知ったのですがその交際がトラウマになって女性が苦手だったみたいです。

でも優しくリードしてあげるとかなり上手で、経験が全然無いからこそ教えるという名目で好きな攻め方をしてもらったりして結構堪能しちゃいました。

後日談

それからしばらく交際して、実はその男性との結婚が決まっています。

今もまだ子どもっぽいところもありますが、最近はすごく頼れる旦那さんになりつつあります。