adult_furin

出会い系サイトでマゾ願望を叶えてくれる年上男性を募集

当時私はまだ22歳でしたが、年上、具体的には自分より10~20歳くらい年上の男性に強く憧れていました。また、そういった男性に叱られたいという、少しマゾっぽい願望も持っていたのです。

でも、普通に生活していると出会う男の人は職場の同期とか、その紹介とかなので同年代の人ばかり。職場でも上司はいますが、工場での事務職だったので、上司も全員作業服。私の中の年上男性のイメージは、スーツを着ていてきりっとした感じだったので、職場の上司はそういう対象では見れませんでした。かといって、先にも触れたようにマゾっぽい願望もあったので友達に相談する事も出来ず、一人でモンモンとしていました。

実は当時、同い年の彼氏もいたのですが、友達付き合いの延長って感じで、子供っぽい彼氏とは喧嘩ばかり。自分勝手なところにも嫌気がさしていて、余計自分のイメージの大人の男性を求めるようになっていました。

そんな時、PCMAXというアダルト色の強い出会いサイトを見つけて色々な人とやり取りを始めました。サイトには掲示板があって、自分の妄想なんかを受け入れてくれる男性がたくさんいたので毎晩話が盛り上がって翌日寝不足、とかよくありました。

そんな中で、私が掲示板で募集していた「40代後半までのスーツの似合う紳士の方に優しく叱られてみたいです。」という願望にたくさん反応があったのですが、中でも一人の男性と直感的にこの人だな、と思うものがあって、個別にチャットでやり取りが始まりました。

その頃にはもう携帯もほとんどその事に使っているので、その時の彼氏のメールや電話は無視。掲示板で出会った男性にのめり込むあまり、リアルでの彼氏と別れてしまいました。

17個年上の39歳妻子持ち男性とエッチなやり取りを重ね…

彼は私より17個年上で39歳、妻子ある方でした。分別のある大人という感じで、こちらの身体の事なども気遣ってくれる発言もあり、私がずっと求めていた紳士のイメージにぴったりでした。数回のチャットでのやり取りで、私はもうすぐに会いたいという気持ちになっていたのですが、こちらがまだ20代前半という事で、逆に彼の方がこちらを心配してくれて、会うのはもう少し時間がたってからでいいよ、と言ってくれていました。

チャットでは主にその日あった、私の職場での愚痴とかを、彼が延々聞いてくれるというような感じでしたが、その中にもまだものを知らない私に優しく諭すような感じで社会の事を教えてくれたり、多少男性経験はありましたが、性的な色々な事も教えてくれたり、彼に導かれるままチャットでエッチな命令をされて実行するようなこともしていました。

いつものようにそんな事をしている最中に、彼が突然電話番号を教えてくれて、恥ずかしくなければかけてきなさいと、ちょっと命令口調で、言われるがまま私は電話していました。そこからは電話でもエッチな話をしたりして、会っていないのにどんどん関係が深まっていくような感じでした。

電話番号を知ってからも、たまにこちらからせがんでチャットをすることもありましたが、基本的には電話代がかかるので彼から電話をかけてくれて、ほぼ毎日電話で2時間くらい話していました。今考えると妻子ある人がよくそんな時間あったなって感じですが、会社経営者という事で当時はそういうもんかな、とか思っていました。

何回か電話で話した後、そろそろ会ってみようという話がでました。順序が逆なので余計に恥ずかしい感じもしましたが、彼からの提案で、こちらの写真を送るのでそれで嫌だったらこのままの関係もしくは関係を切ってもいいよ、と言われました。

私の中ではどんな顔の人でもこの関係を切るっていう事はいまさら考えられなかったのですが、とりあえずお顔拝見、という事で、こちらの写メも交換するとい形で顔を晒し合いました。見るまではすごく太ってたらどうしよう、ハゲてたら無理かも?!とかいろいろな思いが去来しましたが、意外と、本当に意外なほど甘い感じの顔立ちの方で、例えていうならピースの綾部が色白になったような感じでした。恐そうなイメージもしていたので少し拍子抜けしました。

私の方も思った通りの子だったからよかった、と言ってくれて、そこからはとんとん拍子に会う約束が決まりました。

彼と会い、リードされるままホテルへ

待ち合わせは私が怖くないように、と新宿の人がいっぱいいる某喫茶店にしてくれました。お店の中ならたくさん人がいて怖くないし、私は先に行って待っていました。昼間だったのですごく落ち着いて待つことができました。

10分くらい待って、急に不機嫌な感じでドサッと私の前の席に男性が座りました。彼でした。きたー!って感じでしばらく固まってしまったのを覚えています。

ダーク目のスーツを着てきてくれて、コーヒーを注文してタバコを吸う彼がとっても大人に見えました。すごく格好良くて、もしかしたら目がハートになっていたかもしれません。結局そのままそこで30分くらいお茶してお話ししてましたが、途中からはテーブルの下で手をつないだりしていましたが、話す事がなくなってしまい、彼は携帯でメールし始めました。

何か他にもこんな風にする女の人がいるのかな、こんなに優しかったらそうだよね、とかいじけそうになっていると私の携帯が鳴って、そこには彼から、「ここ出て二人きりになれるところに行ってもいいかな?もちろん嫌だったら夕飯一緒に食べて帰ろう。」というメールが。嬉しくて私は頷くしか出来ませんでしたが、それを見た彼は無言で立ち上がり、私もそれについて行き、二人はホテルへ。

妻子持ちの彼との不倫を終わらせる

彼にリードされるまま、私はとっても幸せな時間を過ごす事が出来て、身も心も幸せな日々を過ごしていて、周囲からも最近幸せそうとかキレイになったね、なんて言われていました。それくらい、彼と会って抱かれると身も心も満たされていました。彼も私との相性がとてもいいと言ってくれ、その事で私も自信を持つことができたんだと思います。

でも不倫なので、彼が出来た事は内緒です。それに彼は最初の頃こそ優しく頻繁に会ってくれていたのですが、出会って1月ほどたった頃から連絡をしても返信が遅くなったり、仕事で会えないという事が増えてきました。

最終的には奥様にバレたのでもう会えないというメールが来て、私は何とかこの関係を続けたかったのですが、彼の家庭を壊すなんていう事は考えてなかったので連絡する事を止めました。でもその後も淋しくて同じサイトで同じような人を探していました。でも彼のような人はいなくて、それからはもうサイトの利用も止めてしまいました。

今思えば単に妻子持ちの男に遊ばれただけじゃんって感じですが、今でも彼の事は覚えているし、当時の事は人には言えませんが自分の中で良い思い出となっています。