私は、タップル誕生を利用して、デートした事があります。

きっかけは、私が32歳の時、毎日カードを減らさずにいいかも出来る「タップル占い」で同年代の男性を見付けました。

プロフィールがしっかり書かれていると言う事から好感を持て、その日の内にタップル誕生となり、サイト内でメールするようになりました。

タップル誕生は、セキュリティーもしっかりしており、毎日ログインするだけで、最大20枚のカードが貰え、女性は追加のアイテムやカードを購入しない限りは、無料で利用出来るので、お勧めしたいですアプリです。

タップル誕生で強面(こわもて)の年上男性と出会い、デート

メールしていると、好きなアニメのキャラクターが同じだと言う事で意気投合し、一週間程でLINEのIDを交換しました。

男性は、同県で看板屋として働く8歳程年上で、強面な顔をしていました。

サイト内に写メが載せてあり、メールのやり取りをして行くにつれて、ギャップがあり面白いと感じました。

そんなある日の事、友人から県内で期間限定で開催されているサーカスの無料チケットを貰い、終了日も近付いていた為、勿体無くなると感じ、週末行く事にしました。

当日は男性が家の近所の公民館まで迎えに来てくれる事になったのですが、やはり強面な顔と言う事で、無事に合流しても中々上手く話せないまま、男性が運転する車で会場まで向かいました。

助手席に乗って直ぐに、「この服、君に似合うかと思ってネットで買ったんだ。良かったら着てくれる?」と言われました。

服をプレゼントされた事はなく、少し戸惑いましたが、その場は礼を言って受け取りました。

移動中、掛けていた曲は殆ど私の好きな曲で、その時聴く曲も似ていると好感を覚え、緊張している私を気遣うかのように積極的に話し掛けてくれました。

そのお陰で楽しく過ごせ、会場に着くまでには打ち解けられ、公演時間までにはまだ時間があったので、近くにあった大型ショッピングモール内の喫茶店でお茶をしました。

突然、難病である持病の話を真剣にされ戸惑う…

その時、何故か真剣な顔付きで

「俺、まだ君に話してなかった事があるんだ。」

「実は、膠原病って障害に掛かってるんだ。俺のはもっと酷い、シェーグレーン症候群なんだ。」

「その後、鬱にも掛かって。命に別状はないんだけど、情けないよな。」

と言うと、必死で励ますかのように

「そんな事ありません。だって、私に凄く優しくしてくれるじゃないですか。」

と言いました。

正直戸惑いましたが、その場は動揺を隠し続け、デートを楽しみました。

男性は本当に優しく、デート中もずっとリードしてくれたのですが、やはり障害の事が気になり、これからも会うべきかずっと考えていました。

そしてサーカスが終わった後、近所で美味しいと有名なパン屋でサンドイッチや飲み物を購入し、海の見える公園で食べ、散歩を楽しんだ後、男性は目を輝かせながら

「今日は本当にありがとう。久々のデートだったから楽しかった。また会ってくれる?」

と言うと、必死に笑顔を見せて

「はい。私も楽しかったです。」

と言い、その場を取り繕いました。

そして、帰り着くと何故か一緒に降りて来て、照れながら両手を広げ

「最後に、ハグしよう。」

と言われ、抱擁しました。

初対面でプレゼントをする男は自己中?もう会うことはありませんでした

そして帰り着いた後、友人に連絡を取り、初対面の男性に服をプレゼントされた事をLINEで話すと、直ぐ様返信が届き

「その服あんたが、欲しがってたの?」

と尋ねられたので、否定すると

「初対面の女性に服をプレゼントする男は、自己中なんだよ。あんたの好みもある訳で、それを押し付けてるに過ぎないよ。」

と返信が来ました。

その友人は、精神内科の医師として働いており、その服は直ぐに捨て男性には

「これ以上お会いする事は、出来ません。貴方は優しい方ですけど、やはりこれから先の事を考えると、重い病気を持たれている方とは、交際出来ません。」

と返信し、ブロックしました。