婚活サイト(アプリ)「youbride(ユーブライド)」での出会い

私は、47歳の時、婚活アプリ「ユーブライド」で、ある男性と出会いました。

その男性は、45歳の食品関連会社に勤める男性でした。

ある日、何気なく、ユーブライドをしていると、その男性から、私に、「いいね」が届きました。

その男性は、プロフィールに、顔写真は登録していませんでしたが、カラオケや、スポーツ観戦が好きと書かれていて、「何となく気が合いそうだな」と私は思い、「いいね」を返しました。

お互い、「いいね」を送り合ったことで、マッチングが成立。すぐに、メッセージの交換ができるようになりました。

すると、その男性から、「マッチングありがとうございます。よろしくお願いします」とメールが届きました。

私も、すぐに、「こちらこそ、どうぞよろしくお願いします」と返事を返しました。 そこから、メッセージの交換がスタート。

その男性は、私に「どこに住んでいますか?」と尋ねてきて、私は、住んでいるところを答えました。

すると、住んでいる場所が、意外と、お互い、近いことがわかりました。

それ以降、朝や、仕事終わりに、時間がある時に、メールの交換をしていました。

メールの内容は、本当に日常的な、たわいもないことが多かったです。

例えば、「今、野球中継で、カープを見てるよ。勝ってよかったね」 と私がメールすると、「そうだね」と、男性から返事が返ってきたり、朝、私が「お仕事、いってらっしゃい。あまり無理しないようにね」とメールすると、「ありがとう。君もお仕事頑張ってね」という返事が返ってきたりしていました。

そういう感じで、メールのやり取りをして、1週間が経った頃、その男性から、「今度、一度会ってみませんか?」とメッセージが来ました。

私は、マッチングアプリで出会っただけの人と、会うことに、やっぱりちょっと抵抗があり、迷いました。

でも、今までのことを考えると、マッチングしても、メールのやり取りが続かなくて、なかなか、会うまでに至らなかった男性がいたり、積極的にアプローチしても、マッチングさえも成立しないケースもあったことを考えると、「会ってみたい」と言ってくれる男性は、貴重だと思いました。

そこで、私は、一日考えた後、「いいですよ。会ってみましょう」と返事を返しました。

翌日、すぐに会う日にちと、時間、待ち合わせの場所を決めました。

変わった風貌に変わった性格の男性

私は、ここで初めて、その男性に、「顔写真の写メを送って下さい」と頼みました。

彼の顔や、服装がわからなかったら、会うことができないからです。

すると、その男性は、ようやく、顔写真の写メを送ってくれました。

その男性は、色黒で、髪が黒く、男性なのに、髪がロン毛でした。それを見て、「ちょっと変わった風貌の人だな」と私は思いました。

その男性が、土曜日と日曜日が、お仕事が休みということで、土曜日の夕方に、会うことにしました。

夕方の4時、私が住んでいる地域の最寄りの駅で、待ち合わせをして、彼の車で、景色のいい公園に、ドライブに行きました。

その後、カラオケ屋さんに行き、2時間、カラオケを楽しみました。

彼は、風貌も少し変わっているけど、歌う歌も変わっていて、なぜか、ブルーハーツの歌しか歌いませんでした。

「他の歌も歌ってみて」と、私は、可愛らしくリクエストしてみたのですが、割と頑固な性格のようで、「他の歌は歌わない」と言っていました。

私は、「この人、なんか、少し性格も変わっているな」と、その時、思いました。

その後、「お腹がすいたね」と話し、食事に行きました。

彼も私も、あまり高級なレストランが好きではなかったので、大衆食堂みたいなところで、カレーを食べました。

そして、また車に戻り、近くの公園に車を停めて、車の中で、話をしました。

交際お断りのメールがきて、終わってしまう

それまで、出会い系サイトで会った男性は、すぐに体の関係を求めてくる人が多かったのですが、その男性は、なぜか、全くそのような態度は示しませんでした。

ただ、私のことを「サクラではないかと疑っていた」と言っていました。

「実際会ってみて、どうだった。サクラではなかったでしょ」と私が言うと、彼は「そうだね。会ってみて良かった」と言ってくれました。

私が、「最近、みんな結婚して、友達が減って」と言うと、「僕がいるじゃない」と、その男性は、言ってくれました。

「また連絡するね」と彼は、言って、その日は、別れました。

私は、その男性が「これからも、私と友達でいたい」と言ってくれた言葉を信じ、「また連絡をくれるはず」と、 ちょっと期待したのですが、デートした翌日、その男性からメールで、「いろいろ考えてみた結果、あなたと交際はできないと思いました。ごめんなさい」と、交際お断りのメールが来ました。

私は、少しがっかりし、それ以降、彼とは会えなくなりました。